甲冑武具

D089 紫糸威腹巻
Murasaki Ito Odoshi Haramaki

D089 紫糸威腹巻Murasaki Ito Odoshi Haramaki
  • No.:D089
  • 紫糸威腹巻
    Murasaki Ito Odoshi Haramaki
  • 江戸時代前期 17th Century
  • 価格:¥1,500,000(JPY)

江戸時代前期の作と鑑られる紫糸威腹巻。
腹巻とは鎌倉時代に用いられていた腹当が背中迄防護する形に発展した物といわれている。南北朝時代から室町時代にかけ、戦闘様式が騎馬戦から徒歩戦に移行し、大鎧が戦場から姿を消して象徴的存在となり、かわりに下級武士用だった腹巻が胴丸に加えて兜・篭手・脛当てをつけた重武装で用いられる様になっていった。室町時代になると背中の引合わせを防御する為に背板という腹巻特有の装置がつくものもあり、その運用の利便性から大流行したが、戦国の世においてその殆どが消失され、現存品は稀である。
本作は大きめの札を紫糸で威し、五枚胴を蝶番で留め、草摺をひもで結びつけて取り外しを可能にするなど最上胴に類似した工夫がなされており、移動時にはバラバラにして格納することが出来るよう、実践時の利便性を実に上手く考え設計された腹巻であり、保存状態は良好である。
all4

all3

all2

all1

Return Top