古刀

景依造
Kageyori Tsukuru

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 重要刀剣[N.B.T.H.K]Jyuyo Token

景依造Kageyori Tsukuru
  • NO.595
  • 銘文:景依造 
  • Sign: Kageyori Tsukuru
  • 種別:拵付太刀 Tachi and Mounting
  • 寸法:2尺6寸7分(81.1cm)反り3.0cm 元幅3.0cm 先幅1.4cm  元重0.6cm
  • 時代:鎌倉時代後期ー備前国(岡山県)
  • 価格:御売約 Sold Out

鎌倉時代後期、備前国(岡山県)で活躍した景依の重要刀剣指定作品。
備前国景依は銘鑑によると古備前あるいは吉井派の祖といわれる者などが存在しているが、本間薫山氏は依の字の共通点から親依など、新田庄在住の一類と分類している。同作には正安二年紀(1300年)の太刀が存在することからその活躍期を明確に捉えることができ、長銘に切る場合と二字銘、三字銘に切るものが知られ、後者には特に古雅な作風を示したものが多いという。
本作はまさに後者の好例で、腰反りが強くつき、先小鋒となり、刃文、直刃調に小互の目を交え、腰元で大きく焼き落とし、地鉄、小板目肌に杢目を交え、乱れ写り立つなど、一見古備前か古青江ものに紛れる古調な味わいを見せており、生茎在銘の姿は実に格調高く、納得の重要刀剣指定作品である。

all kan kan1 kan2 koshi1

Return Top