刀剣界ニュース

日本刀とデザイン

 YS-11という飛行機をご存じだろうか?言わずと知れた戦後唯一の国産旅客機である。零戦の悪夢にうなされたGHQは、日本にあるすべての飛行機を破壊し、航空機メーカーを解体した。戦後、日本における飛行機の製造が許可されると、かつての零戦の設計者たちが国の威信を懸けて開発したのが、名機と呼ばれるYS-11である。
 それから半世紀がたち、今年新たに試験飛行を迎える国産ジェット旅客機がある。三菱重工のMRJである。この世界最高レベルの国産次世代ジェット旅客機、デザインモチーフが日本刀であることはあまり知られていない。零戦時代から現代まで、日本人の精神は確実に受け継がれ、日本刀を媒介として現代に日本の心と美を表現しているのである。
 国産の高級車ブランドのレクサス、ここにも日本刀のデザインイメージが採用されているらしい。研ぎ澄まされた緊張感と日本の美意識表現に、日本刀はきわめてイメージが良いのだろう。
 海外ブランドで言えば、アップル社のノートブック。アルミ削り出しのボディを奢る、他に類を見ない洗練されたノート型パーソナルコンピュータである。美しいエッジの効いたデザインは他の追随を許さない。
 そのデザイン担当で副社長であるジョナサンが、日本刀の鍛錬工程を見るだけのために日本を訪れ、刀匠が夜通し行う作業を懸命に見つめていたという。彼が日本刀からインスパイアーされてデザインの方向性を決めたことは、想像に難くない。
 この手のエピソードはいくらでもあるが、一貫して共通するのが、日本刀が世界で最先端のクリエーターたちによって、その芸術性が高く認められていることである。
 日本刀離れなどと言われているが、そんなことは今に始まったことではない。私たちの生活の中には、日本刀に影響されたものが驚くほど溢れている。確かに刀がポンポン売れる時代ではないが、一度フラットな視点に立ち、グローバル・マーチャンダイジングを展開することも一つの手ではないだろうか。

Return Top