刀剣界ニュース

第34 回大阪刀剣まつり 関西を中心に十八店舗が出店

今回で三十四回目を迎える「大阪刀剣まつり」が去る十月十九日㈮から二十一日㈰まで堺市産業振興センターで開催された。後援は大阪美術刀剣業組合と全日本刀匠会近畿支部。
 
期間中、会場内にて刀剣・小道具の無料相談、無料評価鑑定、買取相談、銃砲刀剣研究会による有料審査も行われた。
 
また、日ごろはなかなか見られない、塗師(服部健司氏)と鞘師(曽我部明氏)の両職方による実演も行われ、好評だった。
 
関西地区の愛好家にはよく知られた催事とあって、連日、外国人を含む多くのお客さまで賑わった。出店は左記の十八店。
 
勇進堂・大阪刀剣会・橋本商店・伯永堂・刀剣小林・蔵屋はしもと・五節堂・雅・新堀美術店・南紀刀剣店・アートコレクションムラカミ・㈲聚楽・儀平屋・泉舟堂・大宝堂・龍峯庵・刀啓堂・㈱むさし屋(新堀賀将)

Return Top