刀剣

無銘 青江
Mumei Aoe

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 重要刀剣[N.B.T.H.K] Juyo Token No.15

無銘 青江  Mumei Aoe
  • NO.A670
  • 銘文:無銘 青江
  • Sign : Mumei(Aoe)
  • 種別:拵付刀 Katana and Mounting
  • 寸法:2尺3寸3分(70.8cm)反り 1.8cm 元幅 3.0cm 先幅 2.3cm  元重0.6cm
  • 時代:南北朝時代ー備中国(岡山県)
  • 価格:¥7,000,000 (JPY)  

南北朝時代、備中国青江派の作と極められた重要刀剣指定作品。
備中国青江派は平安時代、承安頃(1171年〜)の安次を祖として始まると伝え、以後南北朝時代後期に至るまで大いに繁栄した。同派の作品で平安末から鎌倉時代中期頃までの作品を「古青江」、それ以降南北朝期にかけてまでのものを「青江」と呼称している。本作は南北朝時代の延文、貞治頃の作とみられる作品で、大磨上ながらなお長寸で、身幅広く、大鋒となる、同時代の特徴的な体配を示し、地鉄、板目肌流れてやや肌たち、刃文は匂出来の締まった中直刃を焼き、帽子先尖って返るなど、同派の典型的な味わい深い作柄をよくあらわしており。加えるに同時代の現存品としては抜群に健全で平肉豊かについた力強い体は同作の指定品中でも右翼の物である。

Return Top