新刀

於大阪和泉守藤原国貞之作
Izumi no kami Fujiwara Kunisada

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token

於大阪和泉守藤原国貞之作Izumi no kami Fujiwara Kunisada
  • No.661
  • 銘文:於大阪和泉守藤原国貞之作
  • Sign:Izumi no kami Fujiwara Kunisada at the Osaka
  • 種別:拵付刀 Katana and Mounting
  • 寸法:2尺3寸(69.7cm)反り1.3cm 元幅3.0cm 先幅2.0cm 元重0.7cm
  • 時代:江戸時代初期ー摂津国(大阪府)
  • 価格:御売約 Sold Out

江戸時代前期、摂津国を代表する名工、和泉守国貞の作品。
和泉守国貞は京都の堀川国広門下であり、後に大阪に移住、河内守国助と共に大阪新刀の基礎を作った名工である。また堀川一門中、彫物の名手としても知られており、まま特徴的な彫物の添えられた作品が存在する。
本作は元幅に比べて先幅狭まり、反りの浅くついた優美な体配を示し、地鉄、小板目肌がよく詰み、地沸が細かにつんで、潤いのある美しい景色を見せ、すでに堀川一門の鍛えから大阪新刀の形態が完成されている。刃文は国貞の得意とする沸出来の互の目乱れに、殊に横手下で激しく乱れ、直焼出しが見られるなど同作の典型的な作風を示した優品である。
附たりの拵は幕末頃の制作とみられる突兵拵で黒漆の蛭巻塗りの鞘には蒔絵で千鳥を配し、銀の金具で波濤を描いた上手の作品である。


Return Top