刀剣

長曽袮興直
Nagasone Okinao

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 重要刀剣[N.B.T.H.K] Jyuyo Token No.1

長曽袮興直Nagasone Okinao
  • No.A708   乕徹大鑑並びに長曽祢乕徹新考所載品
  • 銘文:長曽袮興直
  • Sign:Nagasone Okinao
  • 種別:拵付刀 Katana and Mounting
  • 寸法:2尺3寸3分(.cm)反り1.8cm 元幅3.0cm 先幅2.1cm 元重0.6cm
  • 時代:江戸時代前期ー武蔵国(東京都)
  • 価格:どうぞお問い合わせ下さい。

現存稀な長曽祢興直の重要刀剣指定作品。
長曽祢興直は新刀東の横綱と称され、最高位の評価を与えられる長曽祢乕徹の弟子であるが、現存作は非常に稀であり、現在本作と脇差の各一点のみが確認されているのみである。両作を経眼した本間薫山博士によると、興直は鍛え清涼で弟子中もっとも師に近い作域を示して総じて技量が高く、その割に現存作が極小なるは師の代作に従事し、師の没後も二代興正の協力者として一生を終えたものではないかと推考されている。作品を見るに、確かに技量非常に高く、師の虎徹を彷彿させる感が見られ、実際虎徹の作中には彼の代作品が数多く存在するのではないかと感じさせる。旧秋元家伝来品と伝わる一作である。
藤光(神津伯)鞘書有り
※平成30年10月26日から彦根城博物館にて開催の特別展「長曽袮虎徹 ー新刀随一の匠ー」出品予定。
http://hikone-castle-museum.jp/schedule/

Return Top