刀剣

長光
Nagamitsu

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 重要刀剣[N.B.T.H.K]Juyo Token No.19

長光Nagamitsu
  •  NO.737
  • 銘文:無銘(長光)  
  • Sign:Mumei(Nagamitsu)
  • 種別:刀 Katana 
  • 寸法:2尺3寸4分(71.2cm)反り 1.8cm 元幅 2.7cm 先幅 1.7cm 元重0.6cm
  • 時代:鎌倉時代ー備前国(岡山県)
  • 価格:¥6,000,000


鎌倉時代、日本刀史上最大の隆盛を誇った備前国長船派2代目当主、長光の作品。
長光は備前国長船派の祖、光忠の子で2代目を継ぎ、優れた作品を数多く残し、名物「大般若」や「津田遠江」などをはじめ国宝6点、重要文化財28点などその多くが国の指定品になっている日本刀史上最高峰の名工である。
本作は大磨上無銘なれど刃文、匂出来の乱れ刃に帽子のたれ込んで三作帽子となり、地には鮮やかな乱れ映りがたつなど、随所に長光の特徴を表した同作極めの優品である。本阿弥光遜氏により代金八千貫に極められ鞘書が残されており、古雅な風情を醸し出している。

 

Return Top