過去の販売品

国次(宇多)
Kunitsugu(Uta)

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣[N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

国次(宇多)Kunitsugu(Uta)
  • 銘文:国次(宇多)
  • Sign:Kunitsugu (Uta)
  • 種別:拵付短刀 Tanto and Mounting
  • 寸法:7寸3分弱(22.1cm) 反り 内反り 元幅2.1cm 元重0.5cm
  • 時代:室町時代前期ー越中国(富山県)
  • 価格:御売約済み Sold Out

室町時代。越中国(富山県)で活躍したと云われる宇多国次の作品。
宇多派は国光を祖とし、南北朝時代に国房、国宗、国次等の刀工が活躍し、室町期に亘って栄えている。国次は銘鑑によると国光の弟、時代南北朝、延文頃、現存作は未見という)を初代とし、室町時代後期まで同名で数代存在するが、本作はその銘文より国房の子と伝わる、永享頃(1429年~)の同作中、最も時代の上がった作と鑑られる。宇多物の国の字にはかなりの特徴が見られるが、これは文明前後の時代相であり後世のものには見られない見所である。地鉄、板目肌流れごころに、地沸厚くつき、地景を交えてよく練れており、刃文、匂口の明るい小沸出来の互の目乱れに、細かな金筋・砂流しを交え、帽子沸付き、先尖って返る、彫物、表に素剣、裏に護摩箸を配している。僅かに内反りで古雅で美しい姿を示し、非常に健全で、同作の特色をよく表した優品で出来の良い短刀である。
sira2

koshi1

all

kan

alls2

Return Top