Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web06/5/8/0216985/www.iidakoendo.com/wp-includes/post-template.php on line 293

刀剣に関する質問

刀剣鑑賞の作法

1.一礼

日本刀を目の前に置く場合、通常は柄を自分からみて左側に置きます。そして静かに一礼して鑑賞の挨拶をします。

2.鞘を払う

左手で刃を上に向けて鞘を握り、柄頭が正面を向くようにして下さい。左手で握っている鞘の部分は固定して、ふくさの上から柄を右手で握って鞘から静かに抜きます。その時、左右にがたつかせたりしないようにします。

3.姿、地鉄、刃文

p-04

姿の鑑賞とは刀身全体の形状をみることによって時代や流派を探り、刀剣全体の印象を定める大切な鑑賞方法です。

これは刀身を立てて鑑賞します。次に地鉄、刃文を鑑賞に移ります。いったん刀を置き、柄を握るふくさとは別のふくさを用意して刀身に添えて鑑ますが、特に刃文を鑑る時は刀身を斜めにして日光、灯火などの光線で透かして表側のはばき元から上方へ、次に裏側の上方からはばき元へと眼を移して行きます。刀身にじかに手を触れたり、唾がかかったりするとそこから錆が生じますので注意して下さい。

4.茎

p-03

茎を拝見するときは、その刀が他人のものであれば所有者の許しを得てから柄を抜くのが作法です。柄の外し方は、一度鞘に納めてから、目釘抜を使って、柄がいたまぬように注意して目釘を抜きます。そして最初の鞘を払う要領で鞘を払い、今度は左手で柄の下方を握り、刃を右に向けて刀をやや斜めに立て、左手の手首を右手の拳の下方で叩くと、柄がゆるみます。それが充分にゆるんだところで、「はばき」をつまんで外します。

最初からあまり強く叩くと茎の短い短刀などは柄から飛び出してしまうことがありますから、加減をみながら叩くようにします。逆に錆がひどかったり、乾燥している場合は柄がゆるみにくいことがありますから、その場合は無理をせず、木槌と角木を用いればまず抜けます。ただ、不用意に使うと刀身を傷つけるおそれがありますから、できれば専門家に抜いてもらうことをお勧めします。茎を落ち着いて鑑賞する時は刀身を鞘に納めてから鑑て下さい。また鑑終わったら、柄に納め、左手で柄を握り、柄頭を下から右手の掌で叩いてしっかり収納して下さい。そして再び目釘をさします。

5.鞘に納める

刃を上にして、鯉口に切先を静かに持ってゆき、棟を溝に滑らすように入れます。ゆっくりと音を立てずに納めて下さい。刀身は鞘のなかで浮いている状態になっています。それは「はばき」という金具の働きによるものです。

6.他人に刀を手渡す

抜身の場合は右手で茎を握り、左手にふくさを持ち、それを刀身に添え、切先の方をやや斜めにして、棟の方から差し出します。鞘に納まっている時は刀身を立てたままで柄の下方を握り、棟を向けて差し出します。いずれにしても、刃方を相手方に向けてはいけないということです。

7.刀掛に掛ける

刀掛に向かって柄を左に、刀は刃を上に、太刀は刃を下にして掛けるのが普通です。

Return Top