買取案内

日本刀のオークション出品をご希望の場合

刀剣専門交換会(専門業者間で行われるオークション)への出品の場合

古美術品等の売買、入札、交換会を定期的に行っている組織が美術倶楽部であり、現在、東京・大阪・京都・ 名古屋・金沢の5都にある美術倶楽部を中心に美術商が活躍しております。

東京美術倶楽部は、明治40年に創立され、現在に至るまで、さまざまな交換会が行われております。絵画・書道・茶道具・浮世絵など、扱う品目によって毎月交換会が開催されており、刀剣専門の交換会が月に数回ございます。当店も最も歴史が古く、最大手である毎月16日開催の全国美術刀剣会、12日開催の東京刀剣倶楽部に参加しております。

専門の交換会には、美術鑑札を持った者しか参加できませんので、当店がお客様の刀を預かり刀剣類専門交換会に出品いたします。交換会へは全国から業者が集まり、セリにかけられ、最高価格をつけた人が品物を落札します。

お客様へは、交換会翌日にお電話で落札価格をお知らせし、お支払いはお客様のご指定の方法でご送金し、更にお客様へは売買報告書をお送りいたします。お客様へのお支払い金額は、落札価格より市場手数料(交換会への歩金)と当店の販売手数料10%を引いた金額になります。

交換会出品の際には事前に落札価格を査定し、ご相談させて頂きます。また最低価格をつけることも可能です。ご希望価格に到達しない場合はお刀を引き下げてくることも出来ます。詳細をご希望の方はどうぞご遠慮なくお電話にてお問い合わせください。

飯田高遠堂への直接売却をご希望の方はこちら

Return Top