Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web06/5/8/0216985/www.iidakoendo.com/wp-includes/post-template.php on line 293

無料鑑定

無料鑑定

無料評価鑑定

当店では無料にて評価鑑定を行っております。お気軽にお立ち寄りください。

  1. 事前にお電話にて来店日時のご予約をお取りください。担当者が不在の場合、ご来店いただきましても評価鑑定を行えない場合がございます。
  2. お客様に直接店舗に品物を持参していただきます。
  3. 店主が実際に品物を鑑定し、その品物について詳しくご説明させていただきます。

工作受付

研ぎ・白鞘・つなぎ・はばき・拵作成等、各種工作を承ります。

  1. 事前にお電話にて来店日時のご予約をお取りください。
  2. お客様に直接店舗に品物を持参していただきます。
  3. 見積もりをお出しします。

お気軽にご所蔵品の無料評価鑑定を

飯田高遠堂では無料評価鑑定を随時受け付けております。一見なんの変哲もない作品が大変貴重な名品である場合や、生兵法で行った工作が貴重な作品を逆に傷つけてしまう事があります。日本刀は私たちの先祖が代々欠かさず手入れを行ってきて現代に伝えられた宝物です。持ち歩くのが面倒だ、なんだか怖いと敬遠せずに日本刀や刀装具を見つけられた、譲られた方で詳細がわからない方はぜひ一度作品をお持ち下さい。また伝来の品を研磨に出そうかと検討中の方も、工作の必要性やその程度など、適切にアドバイスさせて頂きますのでどうぞ工作のご相談もお待ちしております。

事例紹介1

祖父の遺品が予想外の大名品!藤四郎吉光の名短刀!!
相談者:都内在住30代男性

お持ちになった作品は白鞘短刀一振り。祖父の遺品で父親より「刀が好きならこれをやろう。」と譲り受けたが、「ハバキは無いし、刀身は錆びだらけで汚らしい。お金になるだろうか?一応見てもらいたい。」とご来店。刀身には全体に薄い錆が浮いており、刃文は全く見えない酷い状態だったが茎の銘は間違いなく正真。幸い錆は薄かったため簡単な手入れで刃文が確認出来た為、優に一千万円以上の高額評価に所蔵者はビックリ!!後日父親と改めてご来店。非常に貴重な作品である事をご説明し、しっかりと工作しなおして後、大事にされてはどうかとの提案に納得され、当店にてハバキの作成、研磨、鑑定書の取得まで行い、その後大倉集古館にて展示される事に。展示を4回もご覧に行かれたそうで、今でも大事にご所蔵されています。

事例紹介2

鎌倉時代の大名刀が素人工作で台無しに。
相談者:神奈川県在住70代男性

重要文化財をお持ちだという事で御自宅に訪問。残念ながら重要文化財ではなかったが鎌倉時代の素晴らしい名品に感動。しかし茎を開けてみてビックリ!!銘が朽ちこんでいて見にくかったからと金属磨きで磨き上げた為、何百年来の錆がすっかり取れてピカピカの状態に!?茎の部分は錆がついていないといけないんだと説明し、当店にて面倒を見ようかと伝えたが納得はして頂けなかったようで、後日呼ばれて再来訪した際には、なんと知り合いにて錆付けを行った後との事。時間を惜しんだ荒い仕事の為、茎はすっかりボロボロになり貴重な銘は範読不能に、激昂する私に加え、ホラ見た事かと奥様にもお説教されてしまい、大きく資産価値を減じる事になってしまいました。後に当店にて補修を行ったが完全には戻りませんでした。生兵法は怪我の元です。

Return Top