刀剣

兼定作
Kanesada Tsukuru saku

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token

兼定作Kanesada Tsukuru saku
  • No.843
  • 銘文:兼定作
  • Sign:Kanesada saku
  • 種別:拵付短刀 Tanto and Mounting
  • 寸法:9寸8分(29.7cm)反り0.1cm 元幅 2.6cm 元重0.5cm
  • 時代:室町時代後期ー美濃国(岐阜県)
  • 価格:1,100,000

兼元と共に美濃関を代表する、濃州関住兼定の作品。
濃州兼定は古来より美濃国の名工として最上大業物の一人に数えられ、室町時代に同名にて多数工が存在し、特にその銘振りより「之定」(ノサダ)と称される名人を筆頭として高名である。
本作はやや長寸で、堂々たる体配を示し、地鉄、小板目肌清廉によくつんで潤いがあり、刃文は匂い出来の先の開いた大互の目に先にかけて焼きを高くし皆焼風となっている。地刃共に冴えた同作の本領を発揮した優品である。江戸時代に制作された変塗鞘合口短刀拵が付帯し、鉄地の一作金具に「竹に雀紋」並びに「三引両紋」の家紋を配していることから伊達家にゆかりの作品かとも鑑られる。

Return Top