刀剣

包丁正宗写し 月山源貞一(人間国宝)
Gassan Sadakazu(Living National Treasure)

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣
[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token

包丁正宗写し 月山源貞一(人間国宝)Gassan Sadakazu(Living National Treasure)
  • No.A768
  • 銘文:月山源貞一作(人間国宝)
  • Sign:Gassan Minamoto Sadakazu saku(Living national treasure)  
  • 種別:短刀 Tanto
  • 寸法:7寸2分(21.9cm)反り0.2cm 元幅3.8cm 元重0.7cm
  • 時代:昭和ー大阪府
  • 価格:¥3,000,000

重要無形文化財「日本刀」技術保持者 人間国宝 月山貞一が打ち下ろした包丁正宗写し。
二代貞一は明治40年に 帝室技芸員でもあった初代貞一の孫として生まれ、父貞勝に学び、早くからその非凡な才能を開花、 月山家伝統の綾杉伝のみならず 備前や相州などの古伝にも積極的に取り組み、また刀身彫刻においても その芸術性豊かな月山彫を完成させる。1967年 (昭和42)30回新作刀名刀展に「名槍日本号写し」を出品、文化庁長官賞/正宗賞を受賞、昭和45年より無鑑査となり、翌年、重要無形文化財 「日本刀」 の「重要無形文化財、技術保持者、人間国宝」の認定を受ける。
本作は寸法の割に身幅が極端に広い特徴的な体配を示した所謂包丁正宗の写しである。天下の名工正宗が打ち上げたとする名物「包丁正宗」は三振りが現存し、その全てが国宝に指定されている。本作は中でも日向延岡藩主の内藤家伝来の一振り、名物「包丁透かし正宗」を写したもので、護摩箸を彫り抜いて透かした奇抜な意匠は同名物中でも実に革新的であり、今なお衆目を集める独特の世界観を示している。

Return Top