刀剣

備州長船賀光 寛正二年八月日
Bishu Osafune Yoshimitsu A.D1461

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣
[N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

備州長船賀光 寛正二年八月日Bishu Osafune Yoshimitsu A.D1461
  • No.A777
  • 銘文:備州長船賀光 寛正二年八月日
  • Sign:Bishu Osafune Yoshimitsu A.D1461
  • 種別:拵付刀 Katana and Mounting
  • 寸法:2尺1寸2分(64.5cm) 反り2.2 cm 元幅 2.9cm 先幅 2.3cm 元重0.7cm
  • 時代:室町時代ー(岡山県)
  • 価格:¥1,500,000

室町時代に備前国(岡山県)で活躍した備州長船賀光の特別保存刀剣指定作品。
賀光は銘鑑によると応永の盛光の弟と伝え、室町時代前期の寛正頃に則光、祐光等と共に活躍したといわれるが現存作は非常に稀で、彦右衛門尉を冠した文明頃の年紀作がまま見られる。
本作は、身幅、重ね共に尋常で先反りが深くついた優美な体配に、地鉄、小板目肌よくつみ、刃文、直刃僅かに湾れるもので、匂口明るく冴えて実に格調高い。賀光の寛正年紀を有する作品は現存作が頗る少なく、非常に稀であり、かつ本作の如く健全な作品は大変貴重である。


Return Top