刀剣

新藤五国光
Shintogo Kunimitsu

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣
[N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

新藤五国光Shintogo Kunimitsu
  • No.A781
  • 銘文:国光(新藤五)
  • Sign:Kunimitsu(Sintogo)
  • 種別:拵付短刀 Tanto and Mounting
  • 寸法:8寸6分(26.2cm) 反り 0.0cm 元幅 2.3cm 元重0.4cm
  • 時代:鎌倉時代ー(相模国)
  • 価格:¥10,000,000

鎌倉時代、相模国(神奈川県)で活躍した新藤五国光の特別保存刀剣指定作品。
新藤五国光は相州伝の創始者であり、弟子に行光、正宗、則重の名人たちを育成し、自身も国宝3振り、重要文化財10振りを始め、数多の名品を多く残した。現存作は殆どが短刀で、粟田口の藤四郎吉光と並び刀剣史上に誇る短刀の名手として知られている。
本作は刃文、匂口の締まった直刃に、地鉄は板目肌が流れて杢肌を交え、地景が頻りに入って良く練れており、同作の持ち味が良く発揮された精良な作風を示した優品である。黒炉色塗鞘に桐紋散の金具を添えた合口拵が付帯している。付けたりの古鞘には「三番」と蔵番が記されており、現在伝来は確認されていないがいずれかの名家の高位に置かれていた事が窺い知れる。

Return Top