刀剣

南都住金房兵衛尉政次
Nantonoju kinbo Heienojo Masatsugu

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣
[N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

南都住金房兵衛尉政次Nantonoju kinbo Heienojo Masatsugu
  • No.783
  • 銘文:南都住金房兵衛尉政次
  • Sign:Nantonoju kinbo Heienojo Masatsugu
  • 種別:刀 Katana
  • 寸法:2尺5寸9分(78.4cm)反り2.6cm 元幅 3.4cm 先幅 2.2cm 元重0.6cm
  • 時代:室町時代ー大和国(奈良県)
  • 価格:¥2,000,000

室町時代、大和国で活躍した金房派を代表する名工、政次の特別保存刀剣指定作品。
金房政次は室町時代から南都に住し、金房何某と名乗った多くの刀工を輩出した金房派の代表工である。同派は薙刀を多く製作し、これは興福寺をはじめとする南都七大寺の僧兵の需要にこたえたものと思われている。
本作は身幅広く、長寸で反りが高く、大鋒に結んだ堂々たる体配を示し、刃文、匂出来の互の目乱れに金筋、砂流しを盛んに交え、特に上半にかけて激しく沸付き、帽子尖って大きく焼き下げるなど覇気に溢れた優品である。

Return Top