刀剣

古備前 助秀
Ko-Bizen Sukehide

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 重要刀剣[N.B.T.H.K] Juyo Token No.27

古備前 助秀Ko-Bizen Sukehide
  • NO.A672
  • 銘文:助秀(古備前)
  • Sign : Sukehide (Ko-Bizen)
  • 種別:拵付太刀 Tachi and Mounting
  • 寸法:2尺2寸7分(68.8cm)反り 1.4cm 元幅 2.8cm 先幅 1.9 cm  元重0.6cm
  • 時代:鎌倉時代ー備前国(岡山県)
  • 価格:¥10,000,000

鎌倉時代、古備前助秀在銘の重要刀剣指定作品。
備前国助秀は銘鑑によると古備前友成系の助友の子、または一文字助守の子、また一説に後鳥羽院の隠岐におかせられての御銘に助秀ありと伝えられる。現在では古備前の刀工で建暦(1211年)頃に活躍したと考えられているが同系統の中でも現存数は極めて少ない。
本作は磨上げて茎尻に二字銘が残されており、地鉄、板目肌に乱れ写り鮮やかに立ち、刃文丁子に小乱れ交えて飛び焼き、二重刃かかるなど地刃ともに働きが豊富で古備前物中でも華やかで見所の多い作風を示している優品である。

Return Top