古刀

来源国俊
Rai Minamoto no Kunitoshi

鑑定書内容:財)日本美術刀剣保存協会 重要刀剣[N.B.T.H.K] Jyuyo Token No.

来源国俊Rai Minamoto no Kunitoshi
  • NO.A415
  • 銘文:来源国俊
  • Sign:Rai minamoto no Kunitoshi
  • 種別:拵付太刀 Tachi and Mounting
  • 寸法:2尺1寸1分半(64.1cm)反り2.1cm 元幅2.3cm先幅1.4cm 元重0.6cm
  • 時代:鎌倉時代後期ー山城国(京都府)
  • 価格:御売約 Sold Out


鎌倉時代、山城国来一派3代目当主、来国俊の重要刀剣指定作品。
国俊は国行の子と伝えられ、技量作柄ともに父に次ぐ名工である。弘安元年~元享元年(1278年~1321年)までの年紀作が残されており、また正和四年紀の作に「七十五歳」行年銘がある事から、その活躍期と制作年齢を伺い知ることが出来る。
本作は細身で優しい姿を見せ、地鉄、小板目肌つみ、流れ肌交じり、地沸ついて淡く沸映りがたち、刃文、直刃調に小丁子まじり、匂口ややしまりごころに小沸がついており、地、刃ともに常作に比べて穏やかな作風を示している。本作の如く来源国俊と銘を切った作品に元応三年紀を有する物が残されており、本作もそれと同時期に制作された最晩年頃の作と鑑られる。附の拵は江戸時代に制作されたと鑑せられる衛府太刀拵である。衛府の武官が佩用するところからその名が有り、公家の野外出行の際にも用いられた拵様式であり、総金具に葵紋と星梅鉢紋を散らし金梨子地鞘に切金で星梅鉢紋を散らしている。長年の経年変化によって切金は所々剥離が見られるが、それがかえって時代の味となり落ち着いた風情を感じさせる優れた時代拵である。
sira3

koshiall

all

kaisetsu

kaisetsu2

kaisetu4

kaisetsu3

kan

alls2

Return Top